2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 原色でNGOを見て (松尾 沢子) | トップページ | 途上国でインターンを受け入れる(1)-インターンの効果的な受け入れ方 (畑島 宏之) »

2004年4月18日 (日)

NGOの多様性 (杉原 ひろみ)

(前回のコラム「ドナーの事情と農村開発プロジェクト支援」)

最近、一般的なNGOについての議論は聞かれるようになったが、等身大のNGOの姿から語られているように思えない。今の日本のNGOに関する議論で必要なのは(1)NGOの多様性の理解、(2)NGOは国際協力における主要かつ重要なプレーヤーであることの認識、の2点ではないだろうか。そこで、当ウェブサイトで他の執筆者が多数寄稿してくれたコラムを元に、NGOの多様性についてまとめる。

 私も含め、人間はとかく得体の知れない人や組織に出会うと、既存の硬直したカテゴリーでくくることで、ひとまずほっとすることが多い。しかし既存のカテゴリーに収まり切らないのがNGOである。NGOの多様性を示すものとして、「人」と「場所」の移動がある。

●人の移動の多様性
 
 現在、日本は雇用システムや形態が変わりつつあるとは言え、ひとつの組織に長期間勤務するのが慣例で、NGO←→政府系・国際機関、NGO←→民間企業、NGO←→アカデミック、など自分のキャリア形成に応じて組織間の移動を自由に行える社会環境が整備されていない。

 しかし国際協力の現場では、人は組織や場所を超え、仕事とキャリアを求めて移動している。例えば松尾氏コラム「原色でNGOを見て」によれば、BRACの若手スタッフの中には、開発分野でキャリアを積むためのエントリーポイントとしてBRACで働いている。実際、上岡氏コラム「ペルーで考え、急遽心はバングラディッシュへ」を読むと、BRACで培ったスキルとキャリアを売りにアメリカの教育系NGO「World Learning」に転職したバングラデシュ人もいる。また、廣光氏コラム「NGO『Forest Trends』 設立の経緯」によれば、世界銀行やUSAID、米国系財団に勤務していた者が環境系NGO「Forest Trends」を設立している。開発途上国の現場では、杉原コラム「南から見た北のNGO」でも触れているが、北のNGOの途上国事務所に勤務していた女性が、開発援助機関に転職するケースもある。さらに、マイケル・エドワーズ(彼の著書"Future Positive" の邦訳は、現在、仲間と翻訳出版を手がけており、2004年11月日本評論社より刊行予定)のように、OXFAMやSave the Children UKに勤めた後、世界銀行を経てフォード財団に移った者もいれば、国際NGOのTransparency Internationalの創設者の一人、Frank Vogleも世界銀行職員であった。

 こうした例だけでもわかるように、人は「南のNGOから北のNGOへ」「開発援助機関から北のNGOへ」「南にある北のNGOから開発援助機関へ」と移動しており、「この人はNGOの人」「あの人は援助する側の人」といったカテゴリーで人をくくることは出来ない。

●場所の移動の多様性

 NGOは、人だけでなく場所の移動も行っている。例えば、黒田氏コラム「アクションエイド(ActionAid)」によれば、英国NGOアクションエイドは北の国のNGOをやめようと、本部を英国から南アフリカ共和国に移すという計画が近い将来実現するらしい。また、杉原コラム「クミ・ナイドゥの講演の意義(1)-世界銀行における「市民社会」の位置付け-」にあるが、世界110カ国、600を超えるネットワークと団体が会員となり、世界規模の市民社会と参加型民主主義を強化するために活動しているCIVICUSの場合、かつて本拠地がワシントンDCであったが、安価なオフィス賃貸料と安い給与でも優秀な人材が集まる(物価が安い)こと等を理由に、南アに本拠地を移している。

 さらに開発途上国で生まれたNGOが力をつけ、自国で経験した活動を他の開発途上国で生かし、活動を展開することもある。下澤氏コラム「北のNGOと南のNGOのあいまいな境界線」によると、前述のバングラデシュのNGO・BRACは、活動の場をバングラデシュだけでなくアフガニスタンに広げている。

 資金面の事情からオフィスを多数設ける場合もある。例えば、ある米国の緊急援助関連NGOは事務所をワシントンDCだけでなくブリュッセルにも設けている。その理由として、(1)米国だけでなくEU、ヨーロッパ各政府から資金協力を得ており、「特定の国・地域に属するNGOへの支援」と言ったドナー側の条件を満たすため、(2)税法上の問題、を挙げている。

 こうしたNGOにおける場所の移動の多様性を見ても、NGOを「国」や「北か南か」といったカテゴリーでくくることは出来なくなっている。

 以上、NGOの多様性を示す具体例として、「人の移動」「場所の移動」を挙げたが、これはNGOの特徴である機動力のよさの結果とも言える。こうしたNGOの多様性を理解し、発想の転換をはかって柔軟なものの見方、考え方を国際協力に関わるすべてのアクターが行う必要があるのではないだろうか。

その他関連コラム:
・ 杉原ひろみ「NGOが果たす役割は残されているか-ウェブサイトコラム『地球に乾杯!NGO』から見えてくることー」(国際開発ジャーナル2003年7月号)
・ 杉原ひろみ「グローバル社会におけるNGOの役割-開発援助問題から発展して‐」(ワシントン日本商工会会報2003年4月号、No.353)

バックナンバー

« 原色でNGOを見て (松尾 沢子) | トップページ | 途上国でインターンを受け入れる(1)-インターンの効果的な受け入れ方 (畑島 宏之) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463881

この記事へのトラックバック一覧です: NGOの多様性 (杉原 ひろみ):

« 原色でNGOを見て (松尾 沢子) | トップページ | 途上国でインターンを受け入れる(1)-インターンの効果的な受け入れ方 (畑島 宏之) »