2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« インドNGO訪問メモ~インテリ、中産階級、海外移住組(松尾沢子) | トップページ | 更新が遅れています(ウェブマスター) »

2004年6月27日 (日)

途上国でインターンを受け入れる(2)途上国で成功するインターンの資質(畑島 宏之)

 これまで一緒に仕事をしたインターンなどから、私なりに、途上国でのインターン生活を有意義に過ごし、実りある実績を残すことができたインターンに共通した資質があったように思う。以下に挙げてみよう。

1、積極性

 まず、仕事の面で積極的か?というのがある。与えられた仕事や決まりきった作業を超えた、提案や意見を出せるインターンというのは、常に評価が高い。また、忙しい職員を捕まえていって報告をしたり、コメントを求めにいったりというのも、相手をする職員としても大変なのだが、実は好意的に受け止められるのだ。

2、柔軟性

 途上国では特に、簡単なことでもうまくいかないことが多い。インターンをはじめる前にいろいろ予定を立てていても、そのとおりにいかないことがある。その時でも別のやり方を探しだし、柔軟に考えを変えていけるのも重要だ。

3、環境になじめるか

 先進国からくるインターンの大多数がアフリカのような途上国ははじめてというケースが多い。病気や治安のリスクがある中で、どれだけストレスなく生活できるかというのが実は最大のハードルではないかと思う。そのなかで、優秀なインターンはよく働くのと同時によく遊んで帰っていった。遊び場所や飲食店など、現地生活が長い職員以上に穴場開拓につとめたインターンもいた。また、現地で積極的にネットワークを築いたものもいた。異なる文化、環境にもかかわらず、友を作り、自分の居場所をつくれるかどうか。それができたインターンは、その短期の仕事のあと、いろいろと面白い場所で活躍し続けている。

 不平不満を言う割には働かないインターンには職業人として問題だと思うし、病気で倒れてしまったインターンはやはり途上国相手の仕事との相性があるか疑問に感じてしまった。また、活躍したインターンも、そこでの経験からまったく違うキャリアを結局後で選ぶことにした人もいる。インターン先で組織のあり方を経験し、業界全体のあり方に疑問をもつケースは多い。インターンでの経験は良い意味でいろいろな「試し」の一部だろう。

« インドNGO訪問メモ~インテリ、中産階級、海外移住組(松尾沢子) | トップページ | 更新が遅れています(ウェブマスター) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463888

この記事へのトラックバック一覧です: 途上国でインターンを受け入れる(2)途上国で成功するインターンの資質(畑島 宏之):

« インドNGO訪問メモ~インテリ、中産階級、海外移住組(松尾沢子) | トップページ | 更新が遅れています(ウェブマスター) »