2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Seeing is Believing(4)―アフリカ開発を考えたとき(後)(工藤真友美) | トップページ | スコットランドNGOネットワーク、NIDOS訪問記(松尾沢子) »

2004年9月26日 (日)

グァテマラ二言語教育プロジェクトと企業との協力の実例(上岡直子)

 前回の私のコラムは、グァテマラでのNGO向けCSR(企業の社会的責任)にかかるセミナーを紹介したが、当コラムでは、World Learningの二言語教育プロジェクトが、いままでどのように企業と連携を図ろうとしたか、まとめてみたいと思う。

 当二言語教育プロジェクトは、教員養成や教材開発といった技術支援を行うのにあわせ、政府や民間を対象に、二言語教育に関するアドボカシーを行い、先住民に対する教育、そして特に、二語教育に関する支援を広く推進することも、必須な要素みなし、活動を行ってきた。その一環として、企業や企業財団に対しても、先住民の教育に係る問題を伝え、二言語教育の重要さを唱えたり、プロジェクトの経験を発表するセミナーに招待したり、積極的なアプローチをした。その具体的な結果は、いかなるものであったか。

 グァテマラでは、政府・民間に関わらず、非先住民の人々が、先住民に係る事柄や問題に関心を持つことは、一般的にまれである。マヤの言語や文化を教授する二言語異文化間教育となると特に、それがどのような意味で重要なのか理解する人は多くない。ましてグァテマラのビジネス・コミュニティとなると、その殆どが、中・上流階級に属するラディーノ(グァテマラでの非先住民の総称)で構成されている。彼らは全般的に、マヤの二言語異文化間教育に無関心か、それがどのように国の社会経済的発展に役立つのか疑がわしく思っている。なかには、マヤの文化や言語がグァテマラの開発の障害になっていると見なす企業人もいる。二言語教育なら、スペイン語にあわせ、国際化に役立つよう英語、というのが、通常のビジネス・コミュニティでの認識である。

 そんな状況下、プロジェクトが企業に対して、先住民向けにマヤの言語や文化を教授することの重要性を理解してもらい、具体的な支援を得るのは、容易ではなかった。しかし、企業と辛抱強く接触を保っているうちに、ついに教育に特に関心をもつ企業の連合である、Empresario por la Educaciónが、昨年の七月に、当二言語教育プロジェクトに、グァテマラ農村部の教育の現状について発表して欲しいと要請してきた。プロジェクトチームが、先住民が主体の農村部の教育の実態(先住民言語で育った子どもたちが、小学校ではスペイン語で授業が行なわれるため、就業率が悪く、学習効果も限られていること)、また、プロジェクトが先住民の言語を用い教育成果をあげたことを、企業人向けに紹介した。それが参加者何人かの二言語教育に関する関心を喚起し、その数ヶ月後に、これらのEmpresario por la Educaciónのメンバーが、プロジェクトが二言語教育支援をしているキチェ県の小学校を実際に訪問した。これらの企業人は、今まで農村部のそして先住民の子どもたちが通う小学校を訪れる機会などなかったため、学校施設の劣悪さや、教科書が圧倒的に不足している実態に驚きをもったと同時に、プロジェクトが、コミュニティにある資源を利用しながら教師と父兄自身が創った二言語教育教材を活用していることなどに、非常に興味を示した。また、教師が、伝統的な講義スタイルでなく、参加型の教授法を駆使して授業を行い、そのために生徒が楽しみながら生き生きと学んでいる姿も、新鮮だったようである。

 政府に対するアプローチでもそうだが、実際にプロジェクト・サイトを訪ねて活動の実態をみてもらい、土地の人々と話し、またプロジェクト職員の働きぶりに直接触れてもらうことほど、効果的なアドボカシ-はない。この学校訪問の際、訪問した企業の人々は、二言語教育の重要さが初めて分かったと述べ、これからは他の企業に対しても、二言語教育に関心をはらい支援するように勧めたいと述べていた。その後、Empresario por la Educaciónとは共同で、企業の教育支援に関するセミナーを行い、コロンビアやドミニカ共和国から企業を呼んで、事例を紹介してもらったりと、徐徐に協力関係ができあがってきた。

 当二言語教育プロジェクトは、ホテルを含む企業団体から小規模のギフトをもらったりという、寄付の例もいくつかあるが、従来先住民の実態を知る機会がなく、二言語教育やマヤの文化伝統を学習することの意味が分からなかった企業の人々の認識を、少しでも変えることできたというのは、ギフトを得る以上の実績でないかと思っている。

« Seeing is Believing(4)―アフリカ開発を考えたとき(後)(工藤真友美) | トップページ | スコットランドNGOネットワーク、NIDOS訪問記(松尾沢子) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463900

この記事へのトラックバック一覧です: グァテマラ二言語教育プロジェクトと企業との協力の実例(上岡直子):

« Seeing is Believing(4)―アフリカ開発を考えたとき(後)(工藤真友美) | トップページ | スコットランドNGOネットワーク、NIDOS訪問記(松尾沢子) »