2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« セネガル前夜(位田和美) | トップページ | インターンの獲得:人とのつながりの大切さ(利根川佳子) »

2004年10月24日 (日)

マイクロファイナンスとは?(粟野晴子)

「地球に乾杯!NGO」をご覧になった読者の方々が用いた検索エンジンでのキーワードを元に、以前掲載したコラムを厳選してお送りいたします。
第6回:キーワード=「マイクロファイナンスとは

 マイクロファイナンスは、貧困削減やエンパワーメント効果があると注目され、多くの機関やドナーが取り組んでいる。今回、このコラムに参加するに当り、まず、私の専門であるマイクロファイナンスの定義や具体的な内容を説明したいと思います。

 「マイクロファイナンス」とは、貧困層や低所得層を対象とした小口の融資や預金などの金融サービスを指しています。バングラデシュのグラミン銀行等の小口融資プログラムが有名になった当初は、「マイクロクレジット」という言葉が使われていましたが、その後、貧困層にとっても預金や保険などの融資以外の金融サービスのニーズがあり、これらのサービスを行う機関が増えてきました。そこで、現在はこれら預金等のサービスも含めて示す「マイクロファイナンス(以下、MFに省略)」という言葉が使わています。(「マイクロクレジット」を使いたい組織もあるようですが…。)

 MFでは、都市および農村の零細事業主や零細農や小農などを対象に、一般金融機関が取扱わない小額の融資や預金サービスを行います。そして、これまで貧困層がサービスを受けられなかった様々な制約を取り除くための、革新的な手法を用いていることも特徴です。担保に代わるグループ連帯保証制度、機関のスタッフが貧困層やグループを訪問する移動銀行などです。そして、これらのMF機関は、これまで高利貸しや友人・知人などのインフォーマル金融に頼らざるを得なかった貧困層に対し、市場金利に近いコストでの融資への道を開きました。家庭でのタンス預金などの貯蓄手段しか持たなかった人々に、安全な預金手段を提供している機関も増えています。

 MFについては、融資による所得向上効果の他、女性の発言力の強化などのエンパワーメントの効果も多く報告され、一部では、貧困削減やエンパワーメントの万能薬であるかのような賛美もされますが、その一方で、「最貧困層には届かない」「貧困層の負担を増加させている。」「本当に所得向上効果があるのか?」「グループ貸付けは、社会での人間関係を崩壊させる面もあるのではないか?」といった否定感や疑問も多く聞かれます。今後の報告では、近年のMFの流れをご紹介すると共に、このようなMFに対する評価や限界、それに対する取り組みについても考えていきたいと思いますので、皆さんが見られた事例やご意見もどうぞ活発にお寄せ下さい。

(このコラムは2002年7月10日に掲載しました。バックナンバーはこちら。また、関連文献リストはこちら。)

« セネガル前夜(位田和美) | トップページ | インターンの獲得:人とのつながりの大切さ(利根川佳子) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463904

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロファイナンスとは?(粟野晴子):

» ムハマド・ユヌス(銀行家) [出世魚王]
私たちはみなそれぞれ内側に隠されたものを持っている。 それを捜し求める機会が十分にないだけなのだ。 自分の可能性限界まで試すことができる環境を作り上げない限り、私たちが自分の内側にあるべきものに気づくことは決してないだろう。 しかし、どこかへ行くかは1人ひ... [続きを読む]

« セネガル前夜(位田和美) | トップページ | インターンの獲得:人とのつながりの大切さ(利根川佳子) »