2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 異文化間コミュニケーションを紐解く Vol. 1(坂本欣也) | トップページ | 私にとって身近なエチオピア、エチオピア人にとって身近なDC(利根川佳子) »

2004年11月29日 (月)

セネガルの現実(位田和美)

 前回書いたとおり、私は青年海外協力隊として、PLAの実践、住民のニーズの追及という課題を持って村落開発に挑もうとしていた。そのセネガルに足を踏み入れたのは2004年4月。協力隊の研修システムとして、到着後1ヶ月間は現地語学訓練で占められ、いざ任地へ赴任するときには、乾季ももう終盤に入っていた。

 そして、右も左もわからない任地へ赴任後、1週間足らずでとうとう雨季に突入した。雨季になると、各農家はこぞって種子や肥料を準備し、ときには農業銀行に対し、その年の収穫物を担保に融資を申し込んだりする。郡政府も、私の配属先である農村普及センターも、この頃には落花生の種子の販売管理に忙殺され、種子を求めて次々と押し寄せる農家をさばき、農耕準備の一環を担う。準備が整うと、人々は皆一斉に畑へ行き、朝から晩まで、雨が降る速さと闘うように、落花生や粟(ミレット)、とうもろこしといった主要作物の種子を植える。種子の植え付けが終わっても、農作業は延々と続く。雑草処理、土の掘り起こしなど、人のみならず、牛や馬の休まる暇もない。まだ幼くて農作業ができない子も、皆と一緒に畑へ行き、木陰でさらに小さい子の子守をする。まさに一家総出である。それもそのはず。この期間の雨量と農作業量が一年間の収穫量を左右し、その年に「食えるか」「食えないか」が決まるのである。住民の、一家の生活がかかっている。

 こうなると、もう参加型開発どころか、住民と話をすることもままならない。雨のために陥没の多くなった悪路を忍んで村へ行っても、老若男女とも畑へ出払っているため、村はもぬけの殻である。たまに昼食担当で家に残っている女性に出会っても、重労働の農作業と家事の二重苦でやせ細り、今にも倒れそうである。

 こうして私の意気込みは、村のリアリティの前に総崩れとなり、はからずしも雨季が明けるまで、少なくとも住民の邪魔にならないよう、村の生活を観察することになった。その数ヶ月間、農作業に勤しむ住民の生活と、私の持つリアリティとのギャップを痛切に感じた。そして、いつしか私自身が持っていた村落開発課題に挑戦する見通しと自信をすっかりなくしてしまったのである。

« 異文化間コミュニケーションを紐解く Vol. 1(坂本欣也) | トップページ | 私にとって身近なエチオピア、エチオピア人にとって身近なDC(利根川佳子) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463908

この記事へのトラックバック一覧です: セネガルの現実(位田和美):

« 異文化間コミュニケーションを紐解く Vol. 1(坂本欣也) | トップページ | 私にとって身近なエチオピア、エチオピア人にとって身近なDC(利根川佳子) »