2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 私にとって身近なエチオピア、エチオピア人にとって身近なDC(利根川佳子) | トップページ | スリランカに行くことになったいきさつ(里見陽子) »

2004年12月13日 (月)

コンピューターが先住民の子供たちに広げたマヤ文化の世界(1)(上岡直子)

「地球に乾杯!NGO」をご覧になった読者の方々が用いた検索エンジンでのキーワードを元に、以前掲載したコラムを厳選してお送りいたします。
第9回:キーワード=「ラテンアメリカの教育」

6月のグァテマラへの出張は、主に首都のグァテマラ市で、USAIDとの協議と事業計画書作りに、明け暮れてしまった。でも私の担当する二言語教育のプロジェクトの実施地であるキチェ県まで、首都から車で3時間以上かかる道程にもかかわらず、とんぼ返りをしてきた。それには特別な理由があった。というのは、プロジェクトの活動の一環としてつい最近始まったばかりである、コンピューターによるマヤの言語と文化教授の実態をなんとしても見たかったからだ。近代的なテクノロジーと一見無縁である農村部の小学校に、コンピューター・センターが設置された。先生、生徒たち、そして父兄の反応はいかなるものだろうか。プロジェクトが開発したITプログラムは、どんなもので、どのようにクラスに使われているのだろう。貧しい農村部において、機械のメンテナンスや経費の面で、問題はないのだろうか。せっかくグァテマラまで来ていながら、それを自分の目で確かめないわけにはいかなかったのである。

 キチェ県の農村部の小学校にコンピューターを導入-これはもとから活動計画に入っていたわけではなかった。しかし、同じくUSAIDプロジェクトの"Learn Link"が、マヤの民間伝承の話や歌を集めたコンピューター・プログラムを数多く作成し、同じキチェ県に10数箇所におよぶコンピューター・センターを設置ていていた。それもあって、私達のプロジェクトも、そのプログラムやコンピューター・センターを活用させてもらっていた。例えば、教材開発の活動の一環として、教員がコンピューター・センターで、教材を作りができるようにはからったりもした。簡単なITスキルのトレーニングを与えることにより、教員がコンピューターに高い関心を示し、自身で教材開発を進めるのに夢中になる。こんな実例を目の当たりにしたこともあり、私たちの二言語教育プロジェクトも、対象の小学校幾つかにコンピューターを設置することを思い立ったわけである。小学校自体にコンピューター・センターを設置すれば、先生は自分の学校で教材開発ができる。それに加え、授業にコンピューターを利用することも可能になる。

 Learn Linkが、セコハンコンピューターを、米国団体"World Computer Exchange (WCE)"(www.WorldComputerExchange.org)より入手する計画を立てていたのに便乗させてもらい、私達のプロジェクトにもコンピューターを輸送してもらう手配が進んだ。WCEは、米国の団体や個人から、使用されていないコンピューターを集め、途上国に送る活動をしている、ボランティア団体である。コンピューターにつき40ドル程を徴収しているが、団体の維持費をカバーする目的であって、あくまで機械自体は寄付扱いである。

 私がグァテマラを訪ねた今年の6月、セコハンのコンピューターがキチェ県のプロジェクト実施地に届き、選ばれた8校の小学校がそれぞれ10台ほどのコンピューターを受け取り、コンピューター・センターを開いたばかりだった。プロジェクトは、ITの専門職員を使って、それらの小学校に対し、センターの設置の助け、教員向けに機械使用とメンテナンスに関するトレーニングを、すでに行っていた。しかし、私が訪れたサクァプ-ラの小学校では、生徒達向けには、その日初めて、コンピューター・センターがお披露目された。小学校1年から6年生の生徒、そしてまだ5、6歳であろう幼児部の子供達までが、先生に引き連れられて、一同にコンピューター・センターに次々集まってくる。講堂のような広めの部屋に、機械が整然と並んでいる様子を始めて目にし、皆一同にびっくりしたり、興奮して声をあげたりしている。そして、いよいよ教師が、コンピューターに電源を入れる…。(次回続き)

(本コラムは2003年8月25日に掲載しました。続きはバックナンバーでご覧ください。)

« 私にとって身近なエチオピア、エチオピア人にとって身近なDC(利根川佳子) | トップページ | スリランカに行くことになったいきさつ(里見陽子) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463910

この記事へのトラックバック一覧です: コンピューターが先住民の子供たちに広げたマヤ文化の世界(1)(上岡直子):

« 私にとって身近なエチオピア、エチオピア人にとって身近なDC(利根川佳子) | トップページ | スリランカに行くことになったいきさつ(里見陽子) »