2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 理数科教育パイロットプロジェクトの開始(里見陽子) | トップページ | プロジェクトの持続性とは…(1)-グアテマラの二言語教育プロジェクトの終了を控えて-(上岡直子) »

2005年1月31日 (月)

ユニセフーエチオピアの組織について:部署間でのコラボレーション(利根川佳子)

インターン第一日目は、ユニセフ・エチオピア事務所の各セクション・マネージャーとのブリーフィングを行った。今回は、そのブリーフィングに基づいてユニセフ・エチオピア事務所について感じたことを書きたいと思う。

ユニセフ・エチオピア事務所は、およそ100人の職員を抱えており、8割以上はエチオピア人で占められ、男女比はだいたい半々である。エチオピア人の多さに驚いたが、現地事務所であるだけに理想的な姿だと感じた。また、秘書職がほとんどであるが、女性が多いという印象を受けた。一方で、エチオピアの南部州のユニセフ・カントリーオフィスでは、働いている人のほとんどがエチオピア人の男性であった。
具体的なプロジェクトを行っている部署は以下になる。

- Gender and Child Protect Section
- Early Warning Disaster Preparedness Section
- Water and Sanitation Section
- Health and Nutrition Section
- HIV Section
- Education Section

ブリーフィングでは各セクションでの中心のプロジェクト、そして教育の持つ影響力、重要性が中心となる話題であった。教育に絡めた各セクションマネージャーの論点はまとめると以下のようである。

● Gender and Child Protect Section

- 女性のエンパワメントの手段としての教育の重要性。
- FGM(女子割礼)のようなHarmful Traditionを防ぐ方法としての女性への教育の重要性。

● Early Warning Disaster Preparedness Section
- Emergencyでは教育のプライオリティが低い場合が多いという現実から、Emergencyの中での子供の教育の重要性。

● Water and Sanitation Section
- 女性の仕事である水汲みが女子教育を妨げているという事実から水施設の普及の重要性。
- 学校施設の中での水設備の重要性。(水施設があることにより親が子供を学校に行かせることへのインセンティブとなる。)

● Health and Nutrition Section
- 教育によって女性の早婚や無計画な多産が減り、母親が子供の健康に気を遣うという事実に基づく教育の重要性。

● HIV Section
- HIVを防ぐための学校でのHIV教育の重要性。
- 教育を受けている人はHIVを防ぐ可能性が高いという事実に基づく教育の重要性。

私が女子教育プログラムでのインターンであったため、どの部署の方も教育に近づけて話そうとしてくれたのかもしれないが、ブリーフィングを通じて「どの部署も教育が大切だと認識しているのだな」と改めて感じた。

しかしながら、「Education Sectionと一緒に何か仕事をしているのですか」と聞いたところ、どの部署もしていないという。驚いたことに、私が聞く限り、どの部署も他の部署と共同の仕事がなかった。インターン中も、それぞれの部署は完全に独立しているという印象を受けた。プロジェクトごとに資金が出るために部署を超えての仕事が難しいというのが一つの原因かもしれない。

また、ブリーフィングの中で驚いたことは、教育という点で他の部署で関係づけできそうなプロジェクトを行っているにも関わらず、他の部署のプロジェクトについてもあまり知らない様子であったことである。定期的に各部署のマネージャーが報告会を開いていたから、お互い全く知らないということはないと思うが、他の部署の仕事まで把握する余裕がないのかもしれない。また、もしかして、知っていてもお互い言及せず、干渉せずに仕事しているのかもしれない。このような状況に大変驚いた。

水の部署では、他の国際機関とNGOと一緒に学校で給水施設を整えて、より多くの子供へ教育の機会を与えるというプロジェクトを行っていた。このプロジェクトに教育の部署の人たちは関わっていない。教育の部署もうまく巻き込めば、よりよいアプローチができるのではないかと感じた。

また、私の滞在中に、教育の部署も、NGOとのプロジェクトを始めつつあった。NGOの視点を加えて、より包括的にアプローチするためだ。

もちろん、他の援助機関とのコラボレーションは重要だ。しかしながら、ユニセフ・エチオピア事務所内には色々な分野を扱っている部署があるのだから、その中でのコラボレーションが進めば、それだけでもすでにより包括的なアプローチが可能ではないかと思う。多くの援助機関では、援助協調やセクターワイドアプローチ等が注目され、各援助機関が援助の重複を避け、お互い協力して効果的に援助を進める方向性がでてきている。ユニセフのような大きな機関になると、一つの機関においても援助協調が重要だと思った。

« 理数科教育パイロットプロジェクトの開始(里見陽子) | トップページ | プロジェクトの持続性とは…(1)-グアテマラの二言語教育プロジェクトの終了を控えて-(上岡直子) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463914

この記事へのトラックバック一覧です: ユニセフーエチオピアの組織について:部署間でのコラボレーション(利根川佳子):

» ワリス・ディリー(スーパーモデル) [ るる☆女を語ってみました。]
ほんの少しいいことが起きるまでに、あとどのくらい待たなければならないのだろう?こうした絶望的な状況に、まだあとどれほど耐えなければならないのだろう?わたしは自分の行く先に、なにかいいことが待っているに違いないと信じていた。その希望をつなぎながら、がんばってきたの... [続きを読む]

« 理数科教育パイロットプロジェクトの開始(里見陽子) | トップページ | プロジェクトの持続性とは…(1)-グアテマラの二言語教育プロジェクトの終了を控えて-(上岡直子) »