2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« セネガル地方政府にとってのPLA(位田和美) | トップページ | ニーズ調査の先走り(位田和美) »

2005年4月25日 (月)

津波被災地復興支援の現場から(2)(里見陽子)

スリランカでは、4月13日・14日がシンハラ・タミル正月の祝日だった。日本人にとって重要な1月1日の「元旦」はこの国では休日でもなく、人々は普通に仕事にでかけるのだが、4月のお正月は盛大なホリデーシーズンである。家族や親戚が集まってご馳走をいただいたり、新しい服などの贈り物をしたりする。それから占星で縁起がいいとされる「大安」の日(auspicious day)を待って、仕事本格再開となるのである。

私はこのシンハラ・タミル正月をはさんで2週間ほど現場を離れていたが、戻ってきてみると半月前より格段に暑くなっている。4月・5月は一年で最も暑い時期。日中の気温はあえて知らないほうがいいだろうと思っているのだが、外はいかにも灼熱の日差しという感じで、体の中まで煮え立ちそうだ。いつもなら涼しい木陰や室内も、暑い。これから2ヶ月は熱との闘いになるかもしれない。

お正月休みが明けると、学校では2学期が始まる。先学期のスタートは津波被害のため場所によっては1~2ヶ月くらい遅れたが、2学期は被災地でも他の地域と同じスケジュールで開始することができた。

沿岸部の被災校(全壊・半壊)に通っていた生徒は、被害を受けなかった近隣の学校に「疎開」している。受入れ校の生徒が午前授業(午前8時~午後12時)、被災校の生徒が午後授業(午後1時~午後5時)、という2部制で授業が行われている。通常の授業時間は午前8時から午後2時であるから、受入れ校・被災校ともに授業時間が毎日2時間ずつ短縮されてしまう。

津波で崩壊した学校校舎の再建計画は教育省が中心となって進めており、現在までに大部分の学校について、誰(ドナー、NGO等)が建てるのか決まっている。(教育省ホームページhttp://www.moe.gov.lk/images/donor.htm

しかし問題なのは土地である。政府は海岸から200メートル以内における一切の建物建設を禁止したため、その「バッファーゾーン」に位置する学校は200メートル以上内陸の別の場所に移転しなければならない。ところが東部の沿岸地域、特にカルムナイ周辺は人口密度がかなり高くなっており、政府所有の土地がないため、学校の移転先がないのである。私有地は驚くほど価格がつりあがっているし、ひとつの区画に何人もの所有者がいたりして、学校移転のための土地取得が非常に困難な状況である。

移転先の目処が立っていないし、仮に土地が見つかったとしても校舎建設には時間がかかるので、2部制による授業体制は今後2年くらい続くものと思われた。ところが、疎開していた被災校は、私有地や公共広場などとりあえず仮設教室に使えそうな敷地を自力で見つけて、次々と疎開先を出ていっているのが現状だ。津波で流れてきたのであろう瓦礫やゴミが山と積まれたグラウンドや、建設途中で壁や天井がまだできていない建物など、およそ子供たちが勉強するにはふさわしくないような場所も使われている。

そこまでして被災校が独自の場所を確保したい理由は、午後授業が習慣にないため不都合であること(昼食の時間に合わない、午後は暑さが厳しい、など)と、やはり他校の施設を使って授業をするのはやりにくい、という点があげられる。正直、これは予想外のことだった。

被災地の状況は非常に流動的で日ごとに変化していくため、柔軟な対応が必要である。多数のドナーやNGOが活動している中、無駄や取りこぼしのないよう支援していくことは、大きなチャレンジだ。変わりゆく環境にあって、何が必要とされているのか、その優先的ニーズが的確に取り上げられるよう、サポートしていきたいと思う。

« セネガル地方政府にとってのPLA(位田和美) | トップページ | ニーズ調査の先走り(位田和美) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463921

この記事へのトラックバック一覧です: 津波被災地復興支援の現場から(2)(里見陽子):

« セネガル地方政府にとってのPLA(位田和美) | トップページ | ニーズ調査の先走り(位田和美) »