2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プロジェクトの持続性とは…(2)-グアテマラの二言語教育プロジェクトの終了を控えて-(上岡直子) | トップページ | 女子教育を阻むもの(2):女子誘拐への対策(利根川佳子) »

2005年5月30日 (月)

津波被災地復興支援の現場から(3)(里見陽子)

(前回のコラム「津波被災地復興支援の現場から(2)」)

スリランカ東部のアンパラといえば、これまで国内外からあまり注目されていなかった地域であるが、現在この地域に出入りしている援助関係者はものすごい数に及ぶ。国連をはじめとする国際機関、二国間援助機関、国際NGO、ローカルNGO、そして個人で活動する人々まで。あちこちに事務所が設置され、団体名を掲げて走る車も多い。避難民キャンプの入り口や住宅・学校の建設予定地などには、「Funded by ~」とサインボードが掲げられる。

アンパラ県知事が主催する国際NGO・ドナー調整会議は、県庁にて隔週で開かれている。3月初めの時点で、この会議への出席者が一時と比べずいぶん減ってきている、と県知事はいくぶん淋しそうに話していたが、それでも大きな円卓を囲んで二重の輪ができるくらいの出席者を得て、今もこの会議は続けられている。また県(district)レベル以外にも、地区(division)ごとに地区事務局(divisional secretariat)が主催する形で時折会合が開かれ、情報や意見交換を行う。

このように多数の援助関係者が集中する災害被災地の現場において、ドナー調整は非常に重要である。その際、調整の「主体」はその国(例えばスリランカ)の政府機関または地元コミュニティであるのが理想だ。外部のあらゆる援助団体・機関がそれぞれに特定の対象地域で特定のミッションを達成しようとして単独に活動していたのでは、支援活動全体に非効率や無駄が生じるだけでなく、被災地域住民たちが本来持っている「自らの力で生きる力」を奪ってしまうことになる。

私が現場で実際に見た中にも、例えば支援物資として配給された運動靴や通学かばんを一人の子どもが3つも4つも持っていたり、一世帯で使い切れないくらいの小麦粉が家庭に配られていたり、という実態があった。その一方ですぐ隣のコミュニティでは、瓦礫の中を裸足で歩き、破れたビニール袋にノートや鉛筆を入れて通学してくる子どもがいるのだ。誰がどこでどんな活動をしているか援助関係者間で互いに情報共有がされていないと、支援が最も必要とされているところに届かないという非効率や無駄、そして非公平性を生む。

また特に危険なのは、住民たちの間に援助依存の体質が現出することである。ある時フィールドの仕事でローカルコンサルタントと一緒に歩いて学校の敷地に入ろうとすると、隣接する避難民キャンプから出てきた男性に現地語で声をかけられた。
「今日は何をくれるんだ?」
彼は毎日こうして代わる代わるやってくる救援物資を待っているのだろうか。経験豊富な同僚のスリランカ人コンサルタントも、これにはショックを受けていたようだ。ひとたび援助依存に陥ると、自助努力の意欲が失われ、何でも外部からの物資供給に頼るようになってしまう。働くことに意味を見出せない。これでは我々が目指す「持続的・自立的発展」と全く反対の状況である。

津波で家族や財産を何もかも失ってしまい、どんなに貧しく困難な状況でも、住民自身が持っている力やリソース、ポテンシャルが必ず何かあるはず。そこで生活してきた中で蓄積された知恵やコミュニティのつながり、いわゆる「ソーシャル・キャピタル」と呼ばれるものであろうか。緊急援助に続く復興プロセスは、ここからスタートするべきだと思う。つまり、あれが無い、これが無い、ではなく、何が「ある」か。

本当に現場のニーズにあったものは何か、現場の主体とドナーコミュニティとが一緒になって情報共有し、意見交換できるシステムが重要だと考える。援助は競争ではない。

« プロジェクトの持続性とは…(2)-グアテマラの二言語教育プロジェクトの終了を控えて-(上岡直子) | トップページ | 女子教育を阻むもの(2):女子誘拐への対策(利根川佳子) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463925

この記事へのトラックバック一覧です: 津波被災地復興支援の現場から(3)(里見陽子):

« プロジェクトの持続性とは…(2)-グアテマラの二言語教育プロジェクトの終了を控えて-(上岡直子) | トップページ | 女子教育を阻むもの(2):女子誘拐への対策(利根川佳子) »