2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ケニア・タンザニアでのボランティア-その3 ナイロビ編(早川元貴) | トップページ | 行動変容へのあくなき挑戦(位田和美) »

2005年10月31日 (月)

国際社会の対北朝鮮人道・開発支援開始にいたる歴史的背景(杉原ひろみ)

(前回のコラム「開発学から見た北朝鮮人道・開発支援研究へのこだわり」)

“Open, shut them. Open, shut them. Give a little clap.”

北朝鮮と国際社会の対北朝鮮人道・開発支援の歴史を振り返ると、娘が地元のプレイグループでよく歌う童謡をつい口ずさんでしまう。1995年の大水害によって、北朝鮮は食糧支援を受けるため、国際社会に門戸を開いたかのように見えた、しかし、10年経った今年、北朝鮮は、穀物生産量の増大などを理由に、人道的支援事業を行うすべての国際機関(国際NGOも含む)に対して、今年中に撤退する旨、伝えている。この10年、北朝鮮とそれを取り巻く国際社会の間でどのような変化があったのか、開発援助の側面から簡単に振り返ってみる。

国際情勢の変化とそれに伴う北朝鮮経済の困窮化

ヨーロッパでは1989年、ベルリンの壁が崩れて東西冷戦が終結し、続く1991年にソ連が崩壊するなど、共産圏が市場主義に移行することが国際課題になった。また、中国は鄧小平の下で「改革・開放」路線が進み市場経済を取り込んでいった。その一方で、依然として北朝鮮は社会主義国家を貫き、自主的民族経済を掲げている。しかし、実際には北朝鮮は建国当初から援助漬けの状態にある「“被”援助大国」である。旧東欧各国からの援助もあったが、中ソ、特にソ連(ロシア)からの支援を多く受取り、両国からの援助が滞れば、たちまち経済が成り立たなくなるというもろさを抱えている(今村 2005)。

例えば、北朝鮮は自国の石油資源が全くなく、1980年代までソ連と中国の援助で必要な石油を得ていた。しかし、1990年代にソ連(ロシア)の経済システムが崩壊すると、対北朝鮮支援の方針や位置づけを変えてきた。そして北朝鮮が受け取るロシアからの食糧と石油の援助は激減し、それに大きく依存してきた北朝鮮産業の崩壊が始まったのである(ナチオス 2002)。中国の場合、1950年代から80年代にかけ、第三世界の支持を得るために世界各国で援助を行い、その中で北朝鮮に対して原油や石炭、食糧の援助を行っていた。しかし90年代に入ると、中国の対外援助に対する考え方が変わって援助が縮小した。さらに、92年に韓国と国交が樹立されたことに北朝鮮が抗議したため、新規の援助が一時的に中断された。

このように北朝鮮は、建国当初からソ連や中国からの援助に慢性的に依存し、国家建設を行ってきたため、1990年代以降、国際情勢の変化に伴い、両国からの援助が激減し、北朝鮮経済はかなり困窮するようになったのである。

北朝鮮の国際援助アピールと国際社会の対応

1995年8月、北朝鮮は大洪水に見舞われ、9月に西側諸国を含む国際社会に対して国際援助アピールをし、主に国連やEU、赤十字、NGOなどを通じて食糧支援を受けるようになった。具体的には、世界食糧計画(WFP)が1995年10月までに平壌事務所を開設、続いて国連児童基金(UNICEF)も平壌に事務所を開設した。他方、米国NGOの動きとして、95年秋に「北朝鮮洪水救援」NGO(North Korea Flood Relief)が、北朝鮮の洪水被害者の存在を世界に広く知らしめ、募金集めのため、インターネットによるキャンペーンを実施したのが始まりで、翌96年2月には、3つの米国NGOが北朝鮮を訪問している。このようにして、国際社会による北朝鮮への人道・開発支援が始まったのである(Flake 2003)。

次回コラムでは、米国NGOが実際に、どのように北朝鮮に対して人道支援を行うようになったのかご紹介する。

バックナンバー

参考文献
今村弘子、2005、「北朝鮮『虚構の経済』」、集英社新書、28-50頁。
A.S.ナチオス、2002、「北朝鮮飢餓の真実」(古森義久監訳)、扶桑社、43-52頁。 
L. Gordon Flake. 2003. “The Experience of U.S. NGOs in North Korea.” L. Gordon Flake and Scott Snyder (eds.). Paved with Good Intentions – The NGO Experience in North Korea. London: Praeger.  

« ケニア・タンザニアでのボランティア-その3 ナイロビ編(早川元貴) | トップページ | 行動変容へのあくなき挑戦(位田和美) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463941

この記事へのトラックバック一覧です: 国際社会の対北朝鮮人道・開発支援開始にいたる歴史的背景(杉原ひろみ):

« ケニア・タンザニアでのボランティア-その3 ナイロビ編(早川元貴) | トップページ | 行動変容へのあくなき挑戦(位田和美) »