2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 続・マラウイ徒然3  食糧危機の中、メイズの販売禁止令が出された(小林由季) | トップページ | 国際機関が人員削減をしたとき(3)不良債権問題(畑島宏之) »

2006年2月27日 (月)

子育てと開発援助の接点(杉原ひろみ)

配偶者の仕事の関係でワシントンDCに住まいを移して5年が過ぎた。現在、自宅をベースに開発援助研究を行いながら、3歳前の娘の育児に追われている。情報公開とインターネットの普及で、米国の政府・議会文書等もすべて電子化され、インターネットを通じて簡単にアクセスできる。そのため、以前のように専門図書館に足を運び、高いお金を払って時間をかけてコピーをしなくとも、必要情報を拾い集め、プリンターで印刷し、すぐに読める環境にあるのはありがたい。しかし、そうして集めた情報を分析するのは結局、自身の頭なので、ネットの普及がどれだけ研究論文執筆速度を速めているか疑問である。

それはさておき、今回は子育てと開発援助との接点について書くことにする。一見すると、子育てと開発援助研究は接点がないように思われる。ついこの間まで、私は子育てと開発援助研究との間に接点を見出せず、自分だけ開発援助の世界から切り離されたと焦燥感にかられていた。そして育児をすることで、自分がこれまで築いてきたキャリアが中断すると後ろ向きに考えていた。

かつての私のように友達も親族も誰一人いない外国で出産・子育てを行う者は、開発援助用語で言う「ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)が欠如した社会的弱者」なのではないか。出産当時、私はどのコミュニティにもグループにも属していなかったため、人と人との「信頼関係」も構築されず、ネットワークもない、非常に孤立した存在であった。子育ては初めての経験なのに、信頼を置く仲間や親族が身近にいないから、助言をもらうことも、いざと言う時に手伝ってもらえる人も回りにいない。さらに、外国人居住率の高い高層マンションに暮らしていたため、特定のコミュニティに属すわけでも、グループに入るわけでもなかったので、育児に関する情報も全く入ってこなかったのだ。これを社会的弱者と言うのだ。当時は泣くだけでしか意思表示が出来ないわが子を目の前に、おろおろしながら必死に育児をし、自分が置かれているそうした状況も客観的に把握する余裕などなかった。

が、ある日、開発途上国の社会学の本を読んで、以前から馴染みがあったはずの「ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)」という用語の真意がすっと体に入ってきたのである。「私はソーシャル・キャピタルが欠如しているのではないか。」と。それが子育てと開発援助研究における、私が見つけた最初の接点である。これまで開発途上国を政治経済学や社会学の側面から研究し、また実務で関わってきたが、それを今の自分に重ね合わせると、面白いほどうまく当てはまるのである。

以前のコラムにも書いたが、私は現在、ワシントンDC郊外を活動拠点に、主に小さい子供を持つインターナショナルな女性グループの理事の一人として、ボランティア活動に加わっている。活動内容は多岐に渡るが、事実上、ワシントンDC郊外に暮らす外国人の育児を中心としたネットワークと互助組織だと言える。それだけを見ると、開発援助とは直接的な関係はないが、運営者側に立つことで、ボランティア団体の運営や、組織のガバナンス、ルール作り、ボランティアをすることのインセンティブ作りなど、実践を通じて学んでいる。会員出身国が40カ国にもまたがる中で、どうやってリーダーシップを発揮しつつ、他の会員と協調して一つのことをやり遂げるか。高度なコミュニケーション能力が問われると同時に、NGO運営のあり方について日々考えさせられるのである。

また、このグループを通じて知り合った仲間から受ける刺激も多い。ドイツ出身の仲間と、子供が作る工作について話題になったことがある。彼女は毎週、上記ボランティア組織の会員の子供たち(2~6歳児)を20名近く集め、Art & Movementというクラスを運営している。彼女に「ドイツとアメリカの幼児が行う工作ではどこが一番違うと感じるか?」と聞いてみた。すると「アメリカは見かけや『結果』を大切にするけれど、ドイツは結果より作品を創り出す『プロセス』と創意工夫をもっと大切にする。」と返事が返ってきた。開発援助プログラムでよく言われる「結果重視か、プロセス重視か」の議論が、こんな子供の世界でも議論されるのか。

こうして、子供がもうすぐ3歳になろうとして、ようやく子育てと研究活動はパラレルに行われるものでなく、相互に刺激しあい、影響を与え合いながら行うものであると確信できるようになった。「石の上にも3年」とはよく言ったものだ。しかし、それも間接的に相互作用を及ぼすだけで、「対北朝鮮の人道・開発援助」をどう掘り下げたらいいかの決定打にはならない。まだまだ私の模索は続く。

バックナンバー

« 続・マラウイ徒然3  食糧危機の中、メイズの販売禁止令が出された(小林由季) | トップページ | 国際機関が人員削減をしたとき(3)不良債権問題(畑島宏之) »

コメント

杉原さん
お久しぶりです。昨年お姉さまからメールアドレスを教えていただき、ご連絡したまましばらく時間がたってしまいました。今はタンザニアの現場に入り、開発調査に従事しています。

ワシントンでの女性グループでの活動を拝見し、どこにいても自分次第でやりたいことと関わっていけるんだな、と自分が何をやって行きたいのか、改めて考えさせられました。現場に入ると、結婚、出産、育児の経験がない若者?!としてよりも、成熟した大人として現場の人と向き合いたいなと考えるようになりました。とても刺激になります。ありがとうございます。

また、育児と開発についてコメント載せてください!楽しみにしています。

masaさん、ご無沙汰しています。帰任間近のお忙しい中、温かいコメントを下さり、ありがとうございました。私の場合、まだまだDC生活が続くため、ともするとDCの良さや奥深さを見失い、惰性で毎日を過ごしがちです。今後も日々の観察、発見、そして感動を大切にし、この私にしか出来ない研究をやって、将来的に国際社会に還元できたらと願っています。今後ともよろしくお付き合い下さい。またどこかでお会いしましょう!

杉原さん、研究と子育てのシナジー、悩みながらも発見と感動の日々ではないかと思います。温かいご主人と一緒に、是非素敵なDC生活を楽しまれてください。当方、DCを離れて2年半になります。こちらはこちらで発見も多いのですが、遠くに離れても、アメリカは奥が深いなあと感じております。また東京かDCでお会いしましょう!

コメントありがとうございました。異国での子育ては国を問わず大変ですよね。子供が大きくなるにしたがい、言語や教育の問題もどんどん大きくなり、別の意味で大変になってきますよね。今後も不定期ながら、子育てと開発援助の接点を見出し、コラムを書いていきたいと思います。よろしくお願いします。

杉原さんはじめまして。もうすぐ2歳になる娘を生後4ヶ月目から託児所に預け、在ローマにある国際開発機関に勤務しております直子と申します。異国で出産、育児をするとソーシャル・キャピタルの欠如に苦しむ過程、痛く共感しました。

毎夕、託児所から娘を連れて帰る時に通る公園でフィリピンからの移民労働者の人たちがゲーム、談話をしています。あれは、彼ら、彼女達のソーシャル・キャピタル形成のオープン・スペース(場)なんだと思います。自分よりもっと不利な雇用契約で仕事をしながら子育てをしている移民労働者の新米父親、母親に出会う度、尊敬のまなざしで見つめています。

杉原さんが以前書かれた「国際協力を仕事として」の書評を拝見して再読しましたが、育児に葛藤しながら仕事を続ける現在、10年前に読み落としていた点が多く、新鮮に思いました。私が最近気に入っているのは俵万智さんの新作歌集「プーさんの鼻」です。彼女に妊娠、育児短歌をお昼休みに職場のカフェテリアで読みつつ、ほんの一息をついています。またメール致します。直子

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463954

この記事へのトラックバック一覧です: 子育てと開発援助の接点(杉原ひろみ):

« 続・マラウイ徒然3  食糧危機の中、メイズの販売禁止令が出された(小林由季) | トップページ | 国際機関が人員削減をしたとき(3)不良債権問題(畑島宏之) »