2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 国際機関が人員削減をしたとき(3)不良債権問題(畑島宏之) | トップページ | 欧米における北朝鮮人道・開発研究(杉原ひろみ) »

2006年3月20日 (月)

ナチオス元USAID長官と北朝鮮(杉原ひろみ)

(前回のコラム「子育てと開発援助の接点」)

開発援助の世界でアンドリュー・ナチオス(Andrew S. Natsios)といえば、2001年5月から2006年1月までUSAID長官として活躍していたことで有名である。引退後の現在、ジョージタウン大学外交学部教授(Professor in the Practice of Diplomacy at the Walsh School of Foreign Service, Georgetown University)に就任している。しかし、彼には別の顔があることをご存知だろうか。北朝鮮の人道・開発支援の世界では、彼は北朝鮮の飢饉や人道支援の専門家として知られている。2002年に出版された”The Great North Korean Famine”が日本語訳され、日本初の北朝鮮の食糧危機に関する書籍として出版された。

では、アンドリュー・ナチオスはなぜ北朝鮮の飢餓について本を書いたのか。USAID長官に抜擢される前、彼は1993年から98年まで大手NGOの米国ワールドビジョン副会長として勤め、貧困に対する米国政府の政策を変えようとしていた。政府とNGOといえば、一般に日本では対話と協調が進んできているが、アメリカでは、いや、少なくともワシントンDCに事務所を構えるNGOを見ていると、NGOから政府へ、その反対に政府からNGOへの異動が頻繁かつ日常として起こっている。彼もまた、その一人だったのである。さらに94年からは、米国NGO連合体「インターアクション」の執行委員会のメンバーとして「人道政策と実践委員会」(Humanitarian Policy and Practice Committee)で活動していた。

そして北朝鮮への人道援助に携わり、何度となく北朝鮮国内や中朝国境を訪れ、飢餓の実態を調査するとともに、飢餓の初期段階からアメリカで援助の必要性を訴えてきた。本書はそのような立場から食糧危機の実態や援助をめぐる論争を解説したものである。さらに1998年から99年までの間、米国平和研究所上級研究員として籍を置き、「人道支援、紛争解決、飢饉と内戦、海外援助、国連機関、NGO、北朝鮮」を専門に、1997年の北朝鮮の大飢饉を中心に研究活動に従事していた。

このように、北朝鮮の人道・開発援助研究の世界でも知られるナチオスだが、開発援助全般における論調はどうなのだろうか。英国ODI(Overseas Development Institute)が発行するジャーナル誌Development Policy Review, 2006, 24(2)に、2005年10月12日にODIと共催で、英国議会で講演したナチオスのスピーチが、非常に示唆に富むものであるとされ、掲載されている(Andrew S. Natsios, “Five Debates on International Development: The US Perspective”)。

そこでは、国際開発援助の政策立案者に対して5つの論点を提示しているが、そのうちの「戦略的再編成」と「変革をともなう開発(Transformational Development)」が注目に値する。東西冷戦時代は、二極世界とソ連との競合という枠組みの中で、外交、防衛、そして開発援助がなされていた。しかし今日、特に9.11以降、米国にとっての脅威は虚弱国家であるとし、その虚弱国家に対する支援を強調している。そして、途上国に対して経済機会を与え、民主国家を広めていくことこそが、米国の国家安全保障上、極めて重要だとしている。

具体的には、ドナー国と受益国双方とも、「政治」(Politics)がもっとも重要な要素であると述べている。先進国、途上国の区別なく悪い政策が変えられない理由は、資産や思考、社会的優位、名声、伝統的な物事の進め方などすべてに、根深く固定化した既得権益が絡んでいて、それを打ち壊す変革が非常に難しいからである。そこで、正しい政策を持ち、理にかなった議論を進めることで、そうしたマイナスの利害体制を変えていくことができると主張している。そのためには、開発のプロは、既存の政治システムの中で、守旧派を不利にし、改革推進派を支援するような政治的圧力をかけ続けることが大切である。

すなわち、単に開発は持続可能なだけでなく、変革をともなうものでなければならないとしている。ナチオスは、決して北朝鮮や、かつて私が暮らしたジンバブエを例に挙げたりしていないが、こうした国こそが虚弱国家であり、ドナー国も当事国も、変革をともないながら開発を進める必要があると、行間から伺える。彼はUSAID長官からアカデミアの世界に移ったが、こうした論調で今後もシビル・ソサエティを誘導し、米国政府に対して働きかけていくに違いない。米国の対北朝鮮人道・開発支援を研究していく上で、今後もナチオスの学術・実務双方の分野での活動を注意深く追って行く必要がある。

主な著作:
Andrew S. Natsios. 2002. The Great North Korean Famine. Washington, D.C.: United States Institute of Peace Press.
アンドリュー・S・ナチオス、2002、「北朝鮮飢餓の真実」小森義久監訳、坂田和則訳、扶桑社
●Andrew S. Natsios. 1997. U.S. Foreign Policy and the Four Horsemen of the Apocalypse. Washington D.C.: Center for Strategic and International Studies.
●Andrew S. Natsios. 1996. “NGOs and the UN System in Complex Humanitarian Emergencies: Conflict or Cooperation?”. Thomas G. Weiss and Leon Gordenker (eds.)NGOs, the UN, and Global Governance. Boulder: Lynne Rienner.

アンドリュー・ナチオスの経歴
米国平和研究所より: http://www.usip.org/specialists/bios/archives/natsios.html
USAIDより: http://www.usaid.gov/about_usaid/bios/bio_asn.pdf
ジョージタウン大学より: http://explore.georgetown.edu/news/?ID=11716

バックナンバー

« 国際機関が人員削減をしたとき(3)不良債権問題(畑島宏之) | トップページ | 欧米における北朝鮮人道・開発研究(杉原ひろみ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463956

この記事へのトラックバック一覧です: ナチオス元USAID長官と北朝鮮(杉原ひろみ):

« 国際機関が人員削減をしたとき(3)不良債権問題(畑島宏之) | トップページ | 欧米における北朝鮮人道・開発研究(杉原ひろみ) »