2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

青年海外協力隊の役割(位田和美)

(前回のコラム「人々の中のNGO」)

今回は、数あるフィールド・ポストの中でも、まさに「草の根レベルで」「住民と共に」活動する青年海外協力隊の役割を個人的観点から記したい。

前回のコラムでは、NGOが住民の生活に必要な公共サービスをも提供していることを記した。そして、それらのサービスは成果を挙げている場合が多く、私の赴任地に限って述べると、地方政府からの信頼も非常に厚い。

私は、赴任当初からNGOをはじめとする援助団体の活動地域・分野を把握することに努力を払ってきた。というのも、青年海外協力隊の常として、地方政府に配属はされているものの、具体的なTORも活動制約もなく、地方政府のリソースを活用しつつ、独自の活動を展開することが可能であるからである。つまり、自身の役割を認識した上で、赴任地における地方開発支援活動の住み分けによる相乗効果を図ろうとしたのである。

結論から言うと、地方開発における協力隊の役割は主に2つあると思う。

第一には、住民との対話や自身による観察を通して、村の現状(例えば、住民の課題は何か、現在行われている各種プロジェクトのその後がどうなっているか)を情報整理し、関係機関に伝えること。

青年海外協力隊の活動は、非常に限られた地域に限定されることが多い。しかしながら、それを逆手に取り、当該地域の情報を包括的かつ詳細に集めることが可能である。NGOはその規模が大きければ大きいほど、プロジェクト開始後の個別フォローアップが甘いことがある。当然、プロジェクトの中間評価や最終評価は行われているのであるが、それら評価システムから漏れるものも多いのである。そこで、軌道修正可能な時点で活動提案も含めた現状報告をするのが有効である。小回りが効き、ある程度客観的な視点を持った協力隊の情報提供は実際、重宝されることが多かった。

もうひとつの役割は、新しい付加価値を生み出すことである。協力隊は、言わば異文化から来ているため、地域に根付いている人々の気づかないポイントを発見することができることもあるであろう。

例えば、私の任期中、関係機関に最も評価されたもののひとつに、「掲示版」の定着が挙げられる。掲示版は日本では身近な広報ツールであるが、セネガルではあまり一般的ではない。しかしながら、その効果は絶大であることは村の各種行事の中で証明された。自身の今までの経験と村の情報を有機的に結びつけ、さまざまな提案をしていくと、互いの情報交換も進み、理解も深まったと感じている。

2年2ヶ月のセネガルでの活動を終了した今、協力隊というのは、本当に住民の生活に密着した活動を展開できる事業である、とより一層感じている。物理的には、非常にミクロな視点に限られてはいるものの、一定地域全体の課題を鳥瞰することができ、また、その原因を住民の生活観を持って感じ取ることができるのである。住民と心を通い合わせることができるという意味において最もダイナミックで面白い職業ではないか、とひそかに自負している。

(バックナンバー)

2006年8月21日 (月)

「フューチャー・ポジティブ」を翻訳して(1)(杉原ひろみ)

2006年7月23日朝6時過ぎ、3歳の娘に起こされて一日が始まった。でもその日はいつもの朝とは違った。緊張しながら日本の実家の郵便ポストから新聞を受け取ったのだ。その数日前、出版社の編集者から連絡が来て、朝日新聞書評欄に、「地球に乾杯!NGO」執筆者の仲間と共同翻訳した本「フューチャー・ポジティブ」が取り上げられると聞いたからだ。

「うわー、本当に私たちが一生懸命に手がけた本が写真入りで紹介されている。しかも、伝えたかったメッセージが評者にちゃんと伝わっている!!」

前月にも、フジサンケイビジネスアイ(日本工業新聞社2006年6月19日付)で書評が掲載されたが、朝日新聞という全国紙で、しかも写真入りで取り上げられるとは考えてもみなかった。仲間と一緒に手がけた翻訳が印刷され、ハードカバーの本として出来上がっただけでも嬉しかったのに。5年分のやる気をもらった気がした。

今回のコラムでは、私個人の「フューチャー・ポジティブ」翻訳動機について書いてみる。

「開発援助って本当に必要なの?」

自分自身が国際協力の実務界から距離を置くようになって初めて、真剣に業界外の人の声に耳を傾けるようになった。私の友達には、国際問題に関心を持ち、問題意識の高い仲間も多いし、実際にプチ・ボランティアを私生活で行っている仲間もいる。彼女らにはちゃんと考える頭がある。その彼女らの懐疑的な問いかけは私の心に深く突き刺さった。

開発援助の担い手が集まる勉強会で、どうしたら幅広い国民から共感を生む援助ができるか議論される時、必ず「メディア」をどうやって巻き込むかが話題に挙がる。かつてワシントンDC開発フォーラムのBBLでもそうしたことが話題になった。

しかし、「メディア」の一つの新聞だが、開発援助関連では、汚職や談合といった事件記事か、熱血ヒーロー的な人物を取り上げた情熱的な記事がほとんどで、開発援助とは何か、なぜ国際協力が必要なのか、といった根本的な問いに対し、真っ向から答えた読み応えのある記事が少ないという印象を受ける。

開発援助を担う政府や国際機関も広報の一環で開発援助紹介をしているが、それはあくまでも紹介記事に過ぎず、貧しい国のA村に対し、私たちの機関はこんなプロジェクトを実施して成功しました、といった美談が多い。しかし援助の現場では美談など少ない。むしろ泥臭く、失敗の連続である。そうした泥臭い一面を紹介した方がよほど彼女らの疑問に対する答えのヒントを与えることになるのだが、広報である以上、それは難しい。

さらに、草の根レベルの開発支援は、労力投下のわりに予算消化が出来ず、また裨益住民の数も少ないなど、援助する側の勝手な理由もあり、実際の政府開発援助全体に占める割合は微々たるものに過ぎない。それなのに、一般の広報では、そうした草の根レベルの支援プロジェクトが大きく取り上げられるという矛盾もある。それ自体は悪いことではない。しかし、草の根レベルのプロジェクトと、新聞で掲載される大型プロジェクトの汚職や談合事件との接点が全く見えてこない。

そんな中、経済学者が書くような経済開発一辺倒の議論でもなければ、社会開発学者が主張するような「木を見て森を見ず」的なミクロな議論でもない、一般の人にもわかるような書物があってもいいじゃないか。そう思うようになったのだ。そんなとき、「フューチャー・ポジティブ」の翻訳出版の話がわいてきたのである。

「速い方がよい、大きいほうがよい、そして速くて大きいのがベストであるという前提が正しければ、十分な数のプロジェクトがあれば世界の貧困問題は解決できるだろう。しかし開発という「ぬかるみ」においては、これらの前提は通用しない。重要なのは、人々がこのぬかるみを通り抜ける方法を探し出す力であり、人々が自分たちではできないことを実現させる組織・制度の存在である。」(pp.105より抜粋)

この本は、開発援助の歴史や問題点を綴った上で、個人個人が、そして組織が何をすべきかを示唆し、「援助する側がまず自らを変えること」を何より強調しているのである。

マイケル・エドワーズ著「フューチャー・ポジティブ -開発援助の大転換ー」(日本評論社)

バックナンバー

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »