2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「フューチャー・ポジティブ-開発援助の大転換-」書評 | トップページ | 青年海外協力隊の役割(位田和美) »

2006年8月21日 (月)

「フューチャー・ポジティブ」を翻訳して(1)(杉原ひろみ)

2006年7月23日朝6時過ぎ、3歳の娘に起こされて一日が始まった。でもその日はいつもの朝とは違った。緊張しながら日本の実家の郵便ポストから新聞を受け取ったのだ。その数日前、出版社の編集者から連絡が来て、朝日新聞書評欄に、「地球に乾杯!NGO」執筆者の仲間と共同翻訳した本「フューチャー・ポジティブ」が取り上げられると聞いたからだ。

「うわー、本当に私たちが一生懸命に手がけた本が写真入りで紹介されている。しかも、伝えたかったメッセージが評者にちゃんと伝わっている!!」

前月にも、フジサンケイビジネスアイ(日本工業新聞社2006年6月19日付)で書評が掲載されたが、朝日新聞という全国紙で、しかも写真入りで取り上げられるとは考えてもみなかった。仲間と一緒に手がけた翻訳が印刷され、ハードカバーの本として出来上がっただけでも嬉しかったのに。5年分のやる気をもらった気がした。

今回のコラムでは、私個人の「フューチャー・ポジティブ」翻訳動機について書いてみる。

「開発援助って本当に必要なの?」

自分自身が国際協力の実務界から距離を置くようになって初めて、真剣に業界外の人の声に耳を傾けるようになった。私の友達には、国際問題に関心を持ち、問題意識の高い仲間も多いし、実際にプチ・ボランティアを私生活で行っている仲間もいる。彼女らにはちゃんと考える頭がある。その彼女らの懐疑的な問いかけは私の心に深く突き刺さった。

開発援助の担い手が集まる勉強会で、どうしたら幅広い国民から共感を生む援助ができるか議論される時、必ず「メディア」をどうやって巻き込むかが話題に挙がる。かつてワシントンDC開発フォーラムのBBLでもそうしたことが話題になった。

しかし、「メディア」の一つの新聞だが、開発援助関連では、汚職や談合といった事件記事か、熱血ヒーロー的な人物を取り上げた情熱的な記事がほとんどで、開発援助とは何か、なぜ国際協力が必要なのか、といった根本的な問いに対し、真っ向から答えた読み応えのある記事が少ないという印象を受ける。

開発援助を担う政府や国際機関も広報の一環で開発援助紹介をしているが、それはあくまでも紹介記事に過ぎず、貧しい国のA村に対し、私たちの機関はこんなプロジェクトを実施して成功しました、といった美談が多い。しかし援助の現場では美談など少ない。むしろ泥臭く、失敗の連続である。そうした泥臭い一面を紹介した方がよほど彼女らの疑問に対する答えのヒントを与えることになるのだが、広報である以上、それは難しい。

さらに、草の根レベルの開発支援は、労力投下のわりに予算消化が出来ず、また裨益住民の数も少ないなど、援助する側の勝手な理由もあり、実際の政府開発援助全体に占める割合は微々たるものに過ぎない。それなのに、一般の広報では、そうした草の根レベルの支援プロジェクトが大きく取り上げられるという矛盾もある。それ自体は悪いことではない。しかし、草の根レベルのプロジェクトと、新聞で掲載される大型プロジェクトの汚職や談合事件との接点が全く見えてこない。

そんな中、経済学者が書くような経済開発一辺倒の議論でもなければ、社会開発学者が主張するような「木を見て森を見ず」的なミクロな議論でもない、一般の人にもわかるような書物があってもいいじゃないか。そう思うようになったのだ。そんなとき、「フューチャー・ポジティブ」の翻訳出版の話がわいてきたのである。

「速い方がよい、大きいほうがよい、そして速くて大きいのがベストであるという前提が正しければ、十分な数のプロジェクトがあれば世界の貧困問題は解決できるだろう。しかし開発という「ぬかるみ」においては、これらの前提は通用しない。重要なのは、人々がこのぬかるみを通り抜ける方法を探し出す力であり、人々が自分たちではできないことを実現させる組織・制度の存在である。」(pp.105より抜粋)

この本は、開発援助の歴史や問題点を綴った上で、個人個人が、そして組織が何をすべきかを示唆し、「援助する側がまず自らを変えること」を何より強調しているのである。

マイケル・エドワーズ著「フューチャー・ポジティブ -開発援助の大転換ー」(日本評論社)

バックナンバー

« 「フューチャー・ポジティブ-開発援助の大転換-」書評 | トップページ | 青年海外協力隊の役割(位田和美) »

コメント

ひろみさん、そして皆様

ご無沙汰してます。マラウイの小林、現在インドネシア出張中です。

「フューチャー・ポジティブ」のご出版、おめでとうございます!「地球に乾杯」メンバーでの翻訳ですね。お疲れ様でした。

NGO Managementのコースでいつも必読リストに入っていたMichael Edwards先生も、今はNYなんですね。早速購入させていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22191/62463964

この記事へのトラックバック一覧です: 「フューチャー・ポジティブ」を翻訳して(1)(杉原ひろみ):

» フューチャー・ポジティブ 開発援助の大転換 [Le Moulin de Longchamp]
各方面の書評で評判になっている「フューチャー・ポジティブ 開発援助の大転換」(マ [続きを読む]

« 「フューチャー・ポジティブ-開発援助の大転換-」書評 | トップページ | 青年海外協力隊の役割(位田和美) »